最新天気予報発表時刻

© 彦根地方気象台

国土交通省近畿地方整備局
琵琶湖河川事務所提供

着けて安心ライフジャケット
琵琶湖水上オートバイ安全講習
令和2年の日程は「講習日程」のページをご覧ください。コチラからも入れます。
  • 講習時間~90分
  • 費用~2,900円
  • 有効期間~受講日から5年(更新制ではありません)
近年の琵琶湖等における船舶事故・水難事故発生状況
6月7日には大津市北小松沖の琵琶湖でクルーザーが転覆し、乗員が琵琶湖に投げ出されるという事故が発生しました。幸い、13人が救助され、命に別状はなかったということです。 水のレジャーを楽しむときは、自らが気象情報や体調に注意するとともにルールを守り、事故なく、怪我なく、みんなが無事に家に帰りましょう。
琵琶湖等における過去3年間の水の事故の発生状況は以下のとおりです。

琵琶湖等における船舶事故発生状況 琵琶湖等における船舶事故発生状況 《琵琶湖等でプレジャーボート等を操船される方へ》
  1. 強風注意報等の気象情報が発令された場合は出航しない。
  2. 早朝、暗いうちからの出航は控え、日没までに帰航する。
  3. 出航前の点検を怠らず、操船中は前後左右の安全確認を怠らない。
  4. 自分勝手な操船は慎み、責任ある行動を取る。
  5. ルールとマナーを守る。

琵琶湖等における水難事故発生状況 琵琶湖等における水難事故発生状況
《琵琶湖等の水辺で遊ばれる方へ》
  1. 水に入る前に十分な準備運動をして体調を整える。
  2. 水中では予想以上に体力を消耗するので、長時間泳がず、時々、休憩を取る。
  3. 疲れているときやお酒を飲んだときは絶対に水に入らない。
  4. 水泳場では遊泳水域から外に出ない。夜間は危ないので泳がない。開設期間外 は監視員がいないので泳がない。
  5. 川原などで子供と一緒に遊ぶ場合には子供だけで川の中に行かせない。絶対に 子供から目を離さない。
  6. 「危険個所」等の掲示がなされている場所では遊ばない、泳がない。